カラーチャート

同人誌印刷はサンプル確認やセット品からはじめよう

人気のノベルティ

ファイル

ノベルティでも人気のクリアファイル。昨今では面白い仕掛けもでています。マジッククリアファイルでは、絵や雰囲気をガラッと変えることができます。その面白さから人気があるようです。

もっと読む

作品を振り返る資料にも

小冊子

長く続くサークルや、人の多い大手サークルなら、すでに既刊や多くの作品を手がけていることでしょう。今までの作品を、5週年などの節目に振り返りでパンフレット印刷してみてはいかがでしょうか。

もっと読む

初めての冊子づくり

冊子

大手のサークルだけでなく、個人でもコミックマーケットなどで同人誌を販売することは多くなっています。印刷所を探し歩いたり、インターネットで依頼するところを探したり、自分のブースを持つときには下準備が必要です。きたるべき夏の戦場(ビッグイベント)に向けて、進まない進歩と闘いながら予定ギリギリでも印刷所に同人誌を出すべく頑張っているサークルさんもいます。さて、個人でこうした同人誌を作るとき、どうしたら良いのか皆目検討もつかないビギナーさんも多いものです。とくに今まで、観客でしかなかったが作る側に回った人にとってはどうしていいのか途方に暮れることもあるでしょう。そうした場合には、まず1冊コピー本を作り、本自体の作り方やページ配置を確認することがオススメです。もしそれが難しい場合には、先に印刷所でサンプルと見てくると良いでしょう。多くの印刷所ではサンプルを置いていたり、郵送でサンプルシートなどを貸してくれたりするところもあります。ノンブルの打ち方や、印刷範囲、色や紙選びもできます。一度実物を見て触れることで、次回からはインターネットなどのサイトから依頼でも、それほど迷うことはなくなります。同人誌作成には、またさまざまなオプションや加工をつけることができます。箔押しや、クリア素材、マット加工など、自分の作りたい同人誌のイメージに合った加工方法を考えてみましょう。オプションを積み過ぎると予算を大幅にオーバーするので部数と予算、加工は計画的に設定すると良いでしょう。

手提げ袋をオリジナルで

袋を持つ人

オリジナルで紙袋や手提げ袋を作って、ブースで雑貨や新刊を買った人にプレゼントするサークルも多くいます。加工やコストを考えて、必要な枚数を注文依頼するのも良いでしょう。専用ショップなら秀逸なデザインの紙袋を作れます。

もっと読む